Flashを使った脱出ゲームの作り方など
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blenderの機能の一つ
パーティクル

光の粒や水滴などの動的なもの
髪の毛などの静的なものなど
1つ1つを作るのが大変なものを
3Dソフトが作ってくれる機能です


今回エントランスからの脱出に出てきた
噴水の水もこのパーティクルを使って
作成しています

はじめは動的に噴水を作っていたのですが・・・






なんとこんな明らかに設計ミスの
噴水ができあがってしまいました(T▽T)

そこらへん中、水浸しになってしまって
非常に迷惑ですね

しかし初めて使った機能なので
どこをどういじったら、まっすぐに水が
落ちてくれるのかわからず
仕方なく静的な噴水にして少しずつ
水の位置をずらした画像を4枚用意して
水が動いているようにしました


今にして思えばランダムの値が大きすぎたから
こんな爆発的な噴水になってしまったみたいです

しかしランダムにしないと螺旋状に水が
落ちてしまって噴水に見えなかったんですよね


使いこなすためには、まだまだ勉強が必要そうです


w6



一応水っぽく見えていればよいのですが(゚▽゚*)



Blenderは無料のソフトですが
まだまだ色んなことができそうです




3Dでの脱出ゲームの作り方を探して
このブログにきてくれる方が多いので
私が使っている3Dソフトでどんな風に作っているかを
少しだけ解説します


いちごcafe1


まずこれが3Dソフトの画面です

私は実際に四方を壁に囲まれた部屋を作り
家具などを配置しています

見えやすいように天井を消していますが
実際は天井も作っています


いちごcafe2


横から見ると壁しか写りませんが
この赤丸がついた目のマークを消すと


いちごcafe3


手前の壁が非表示になり中の様子を
撮影することができます

このように一つ一つの家具に名前をつけて
別のレイヤーに別けておくことで
邪魔なものを簡単に非表示にしてしまえます


全てのアイテムが点と線でできています

一見丸く見えるものも実は点と線の集合体なんです
丸いものほど点と線が多くなり、この操作画面では
ただのピンクの物体に見えてしまいますが
レンダリング(3Dソフトで描画することです)すれば
ちゃんと丸く写ります


いちごcafe4


丸く見えていたもっちーたちも
実は点と線の集合体でした

こうやって見るとちょっと怖いですね(´・ω・`)


3Dで脱出ゲームを作る方法というよりは
自分がどの3Dソフトを使うのかを決め
その3Dソフトの操作方法を覚えることが一番ですね


3Dソフトは相性などがあると思うので
フリーソフトや体験版などを試してみて
自分に合っている3Dソフトを探しましょう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。