Flashを使った脱出ゲームの作り方など
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームが完成したらゲームを公開するための
場所を借りなくてはなりません

無料のホームページスペースでよく書かれている容量とは
どのくらいファイルを置けるかです
今はだいたいどこも容量は1GBくらいあると思うので
容量はあまり気にしなくても大丈夫です

うちのゲームはだいたい一つ1MB前後くらいなので
大雑把に言うと1GBのスペースなら1000個おけることになります


ゲームを公開するうえで問題なのは転送量のほうなのですが
残念ながら無料のホームページスペースだと
転送量オーバーになってしまうと思います

私も最初はゲーム公開するとどのくらいの人がくるのか
どのくらいの転送量になるのかを全く知らず
一番最初のゲームを無料レンタルスペースで公開してしまい
翌日にはそのスペースを凍結されてしまいました

ゲームを公開するならレンタルスペースでは無理そうなので
レンタルサーバーを借りましょう
それも転送量無制限のところを選んでおけば
あとで追加料金などを請求されずに安心です

ちなみに私が借りているのはAblenetというところです
転送量が無制限でゲーム公開直後でもなかなか快適に
動いてくれますが、他のサーバーからのファイル呼び出しを
禁止していないので(ゲームファイルに直リンクされても拒否してくれないということです)
自分のほうでセキュリティ対策はしなくてはいけません

⇒ Ablenet


レンタルサーバーは初期費用なども必要なのため決して安くないので
どこを借りるのかはよく吟味してから決めたほうがいいでしょう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。