Flashを使った脱出ゲームの作り方など
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そらの部屋からの脱出
ハートな部屋からの脱出 #3 
で遊んでいただきありがとうございました

3Dで部屋をつくってみたいと以前から考えていましたが
人一倍横着者の私は、なかなか練習すらしない毎日

そこで2009年最初の脱出ゲームは絶対に3Dじゃなければいけないと
自分ルールを作りなんとか完成させることができました


3Dで部屋を作るにあたって何よりも大変だったのは3D酔いです
3Dソフトを30分いじっては3D酔いで気持ち悪くなるというのが
最初の2週間くらい続きました。 
これから3D始めようと思う人で、乗り物酔いとかしやすい人は
覚悟しておいたほうがいいかも知れません
そのうち慣れると酔わなくなるので、がんばりましょう

そらの部屋では、数字の色が合っていないというのと
移動がわかりにくいというご意見をいただきました

私は書いてある物の色のつもりだったのですが、たぶん数字の色を
見てしまったのかなと思います
ちょっとわかりにくかったですね、今後の参考にさせていただきます

それと言い訳になりますが、移動のほうは3Dで壁を作るというのが
よくわかっていなかったため、一画面ものにするつもりだったんです
しかしそれすらうまくいかず、応急処置で2画面になってしまいました
1部屋作ってみて、どうすればいいのかがわかったので
次回からはちゃんと部屋の中をぐるりと一周できるタイプに戻ると思います

ただ思い通りの苺やハートはまだまだ作れそうにありません
かわいいアイテムが作りたくなったら、また手描きの部屋も作っていきたいと思っています


最近嬉しい感想をいただくことが多く、ゲーム制作の励みになっています
もの作りは気分や気持ちによって左右されるところが大きいので
やる気がでますし、本当に嬉しいです
感想をくださったみなさま、本当にありがとうございました<(_ _*)>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。