Flashを使った脱出ゲームの作り方など
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回でてきた謎の生き物(通称もっちー)に
クリックしたらジャンプする、望みを叶えたあとなら消える
という二つの動作を設定するのが難しくて
そこだけで3日くらいかかってしまいました
まだまだフラッシュの勉強が足りないことを痛感しました。

一時はひまわりの季節に間に合わないのではないかと焦りましたが
なんとか公開できてよかったです。
季節を感じるものを作ると思わぬアクシデントがあったときに困りますね


テストプレイしてくれていた友人が1回目は階段から降り
2回目どうにも手詰まりというので状況を聞いたところ
すでに鍵は1回目と同じところに使ってしまったとのこと

共通のアイテムを使うというのがアダになって
脱出不可能な状態になってしまっていました

The Endの画面でなんとか直前に戻ってやり直すボタンを
入れられないかと悩んでいたところ別の友人の一言であっさり解決

「鍵使っても消えないようにすればいいんじゃない?」

目から鱗が落ちるというのはまさにこのことかと実感しました

脱出ゲームに慣れていた私は、鍵は使ったら消えるものという
固定観念ができてしまっていてその発想はなかったです
確かに消えなければ一度使ってしまっても手詰まりにならずに済みますね

ただこれだとピアノを弾いたあとでもエンドが同じで
ちょっと変なことになってしまいますけど
まあどうやってもハッピーエンドが見られない状態なのを知らずに
何時間も探し続けるよりはいいかなと思い採用しました。


あなたは○人目の脱出者です、みたいなクレジットを入れたいと
ゲームを公開してから思ってしまったのですが
今から入れるとすでに脱出してくれた方に悪いですよね

次回作までがまんすることにします
もし次回作で○人目の脱出者ですというのが表示されなかったら
うまく表示できなかったか、すっかり忘れてると思ってください(笑)

ではでは、ひまわり咲くステージからの脱出に
おつきあいしていただきありがとうございました



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。